読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
※カテゴリー別のRSSです

2009年10月24日

デスクにいない日

皆様、こんばんは
昨日は忙しく、更新ができませんでした。
毎日の日課にしようと思ったのですが・・・いきなり無理でした。
なんとか意識するようにします。


さて、昨日は朝からとても忙しく、デスクにつけない日でした。
朝からの打ち合わせが終わり、11時半頃から銀座へ向かい、12時頃に着いて早めのランチをとることに。

銀座の「太助」というお店、牛タン専門店です。
さすが銀座というのでしょうか?ちょいとランチには高めの1350円、まぁお付き合いということで頼んでみました。

牛タン焼セット 1350円


いやー、うまかったです。
うん、おいしかった。
ちょっと良い気分のまま、銀座で打ち合わせ。

16時頃に終わり、そこからまた別の会社と打ち合わせです。
終わったのが20時頃、さすがに疲れたのですが私的な用事があったので急いで新宿へ。
先週末にスーツを新調していたので、受け取ってから再タクシー、予定を40分オーバーで友人と会い、西口で飲みに行ってきました。
ビックカメラが並ぶ界隈の立ち飲み屋さん、「新宿ばーる」へ。けっこう好きで出没率高いです。
立ち飲み屋!という感じではなく、ちょっとしゃれた感もして、焼き鳥がおいしいんです!
繁盛しているお店とあってフードは遅めですが、味は良いのでWEBで検索してみてください。
1時間くらいばーるで過ごし、何件か回ったのですが5件連続で満席で断られ、結局はチェーン店で済ますことに。
歌舞伎町ならもっと簡単に入れるんでしょうが、私はあまり歌舞伎が好きではないので、もっぱら西口を歩くのが好きです。
24時頃、疲れも溜まっていたので帰ることに。
久しぶりにゆっくり寝ました。


今日は駄目ですね、こう、なんていうんでしょうか。
文字というか単語というか、ワードが浮かびません。
私たちはこういうのを「今日は書けない日」と呼んでいます。
記事が書けない日、どうしてもあるんですよね。。。

というわけですみません、今日は書けない日でした。
それではまた明日、更新したいと思います。

kyazumi@bit.
http://www.studiobit.jp/   


Posted by kyazumi@studio!bit. at 23:26Comments(0)営業

2009年10月23日

営業の電話

皆様、こんばんは。
今日は少々長く書いてみたいと思います。

今日の昼頃でしょうか、1本の電話がありました。
「日本が元気です」という企画の取材申し込みです。

「あぁ、あれか」と、思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一昔、二昔前の有名人(失礼ですが。。。)をレポーターとして、取材に来られるわけです。ただ、そのためには広告費を払ってください、と言われます。

詳しい話を聞かずにお断りしました。
以前、三重県で地域タウン情報誌を発行していた時にも取材依頼があり、そのときに怪しいなぁと感じていたためです。
確かに、今の事業は当時ほど知名度の広がりはありませんし、露出はのどから手が出るほど欲しいところです。
広告宣伝費を惜しむわけではないのですが、よく言われた言葉が浮かびます。

「選択と集中」
そう書かれた紙切れ、私のデスク横に貼ってあったものを思い出しました。
あの頃、私は何をしていたかなぁと。
少し昔の自分を振り返ってみる時間を作ってみました。


WEBでいろいろと検索していると、出てきましたよ編集会議(笑
http://www.henshukaigi.com/264.html
出版ビジネスの不況時代、全国の編集長を集めてインタビューしようという企画で取材を受けました。
もちろん、メディアの業界で知らない人はいないだろうという有名全国誌です。
連絡があった時は感動した記憶があります(笑

写真がありました・・・若い!(笑
http://www.presstokei.co.jp/?p=3119
私は当時26歳だったんですね、そういえば・・・3年経ってもまだメディアの業界にいるということは、やはり自分は「伝える」ということが好きなんだなぁとしみじみ思ってしまいました。
「新しい風になって、元気なまちづくりへ協力。読者にいい情報を提供したい」と、取材に対して答えたようですが、その後は本当に辛いことが多かったように思います。
小さな街ですから、外に出ても人の目を気にし、圧力や嫉妬に悩んだ日々でした。
自分がやっていることに疑問すら感じ、投げ出して逃げてしまいたいと思ったこともありました。

中身だけを求めた自分と、売上だけを求められた環境に苦悩するなかで「独断」を貫いた号もありました。


これは創刊から私が編集長を務め、退くまでで一番「買っていただけた」号です。発売してから、本当に多くの電話とハガキをいただき、創刊号の次に私の中では忘れられない号です。
残念ながら沢尻エリカさんは・・・

その後、半年ほど務めましたが、私が自分の夢を追い求めたせいで志を共にした仲間も離れてしまい、存続が厳しくなったと聞きました・・・。
ただ、当時の編集たちとは当時の上下関係を超えた付き合いをしています。
本当にたくさんの人と出会いました。そして、分かれ、別れました。
スッピンでジャージ、腹を出して床に転がっていた編集の女の子が1月に結婚です。
当時出会い、飲んで二人で将来を語り合った駆け出し政治家が、今では松阪市の市長です。
そんな日々を私は、今でも宝物にしているんだなぁとしみじみした時間を今日は過ごしました。


毎日、できるだけ営業担当と話をするようにしています。
私は思いつきでどんどん進んでいくタイプなので、思いついた企画や営業手法は即実行したくなります。
「あれと、これと、それと、あっちのを組み合わせて、こういう方法で動いたらおもしろいんじゃない?」
と、そんな話を雑談でもするように心がけています。
ただ、あまりにも毎日違うことを考えてしまうので、すぐ忘れてしまうのです・・・
だめだなぁと思いながらも、ブレストしているうちに相手もノってくるんですねぇ(笑
「あんた天才やわ」が、口癖の担当の言葉に、調子にのって夢物語が毎日展開します。
そんな机上の空論を展開していくときが、私にとっては幸せな時間だったりします。
選択と集中も大切だとは思いますが、ひらめきもまた、大切。

さぁ、明日はどんなことを考えてみましょうか。

kyazumi@bit.
http://www.studiobit.jp/  


Posted by kyazumi@studio!bit. at 00:48Comments(3)営業